パソコン作業が慢性的な眼精疲労・頭痛を招く
緊張型頭痛にお悩みの際はショートプログラムを
リハビリLab.GROWCE
デスクワーカーは特に要注意な眼精疲労

目疲れ関連の不調はショートプログラムで

肩こり・緊張型頭痛は、眼精疲労が元で発症することが多くあります。そのため、パソコンが普及して以来これらの不調は現代病としても注目されているものの、岸和田で整体をお受けいただくことで回復が見込まれます。
痛みの少ない手技で頭部の不調を回復へ
Check!
肩から上のこりに対応可能
肩こり・眼精疲労・緊張型頭痛など目の不調から派生するこりにショートプログラムを
Point1

ブルーライトで眼精疲労が慢性化

パソコンを近距離で凝視し続け、さらにブルーライトを浴び続けることで眼精疲労や緊張型頭痛が慢性化することも少なくはございません。ショートプログラムでは眼球へ働きかけも得意としており、共に眼精疲労回復を目指しましょう。

Point2

デスクワークで回復しない肩こり

パソコン作業が原因で発生する肩こりは、90年代初頭のIT革命以後特に問題視されている現代病です。このような慢性化したこりも、整体術を岸和田市で提供することで、回復へと向かう見込みがあるため安心です。

Point3

頭の締め付け感で集中できない

緊張型頭痛は頭部全体の筋肉がこり固まって、頭に締め付けられるような感覚が24時間続く不調です。自然回復は困難なものの、岸和田市で筋膜リリースやもみほぐしなどをお受けいただくことで、回復が見込まれます。

特徴

肩から上のしつこい筋緊張に悩む岸和田の方々に対応

慢性化した肩こり・眼精疲労などは整体で根本から回復が可能

パソコン作業を長時間する必要のある方にとっては、眼精疲労は天敵のような存在です。常時画面から発せられるブルーライトで眼球は緊張し、さらに至近距離に焦点を合わせ続けることによって眼精疲労が悪化していきます。その眼精疲労も、ただの目の不調に終わることはなく、派生して肩こり・首こり・緊張型頭痛へと繋がって、さらに集中力を阻害するような筋緊張の布陣が完成してしまうのです。これらの肩から上の慢性的なこりにお悩みの際には、ショートプログラムで根本的な回復が見込まれます。キーポイントになるのはやはり眼精疲労であり、眼球への間接的なアプローチを行うことでその他の不調も徐々に回復へと向かうでしょう。加えてゆがんでいる首の骨を整えて血流を促すことで、よりスムーズに筋緊張は回復していきます。

お気軽にお電話でご連絡ください
072-493-2815 072-493-2815
9:00~18:00
Access

最寄り駅から歩いて6〜8分と脳卒中の定期的なリハビリにも通院しやすい立地に開業

概要

店舗名 リハビリLab.GROWCE
住所 大阪府岸和田市五軒屋町5-1 セレーノ茜Ⅱ1F
電話番号 072-493-2815(予約専用)
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝祭日(不定休あり)
最寄り 南海本線 岸和田駅 中央口から岸和田駅前通商店街を抜けて下さい。
府道204号線(旧26号線)を渡ると、100mほどで右手にございます。(徒歩6~8分)

アクセス

脳卒中の後遺症をなるべくもたらさないようにするには、保険適用でのリハビリ時間が大幅に下がる退院後や維持期のしっかりしたリハビリが必要不可欠です。そのため、駅から可能な限り気軽に通いやすいようにと、最寄り駅から歩いて6〜8分といった立地に開業しました。
Contact

お問い合わせ